スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルシングーア

2007.6月 コペンハーゲン

1週間のクルーズを終え、8日目にコペンハーゲンの港に戻ってきました。


ホテル周辺

ここで3泊するホテルは 市内からちょっと離れています。
中心部に近い所は コンベンションの影響などもあって 取れなかった。。。 (´ヘ`;) 

でもまあ、どうせ移動はタクシーだし、あまり街中だと 近過ぎて
かえって タクシーに頼みにくい なんてこともあるから これもいいかも。

ホテルのすぐ裏手に 道路があり、バス停もあるので ここから町へも行かれます。



市庁舎

さて、到着日は散歩程度で ゆっくり休養した後、今日はバスツアーに参加して
郊外の ヘルシングーア まで 足を伸ばしてみます。

まずは 市庁舎前の広場に集合。 ここからは いろんなバスツアーが出発し、
観光の起点となる場所でもあります。 我々のツアーは案外少人数でした。



対岸はスウェーデン

ヘルシングーアは コペンハーゲンの北にあり、↑の写真に見えている対岸は
スウェーデンです。 近っ。   フェリーで20分 だそうですよ。
 
そんな すぐ対岸の隣国に 睨みを利かせるように建っているのは
クロンボー城


クロンボー城

実はこのお城、シェークスピアの ハムレット の舞台となった所。
モデルといわれる 「アムレート王子」 の墓も 近くの村にあるらしいです。

思ったほど 大きくはないようでしたが、城壁をぐるりと回って 入り口へ向かうと・・・・





城内へ

ス、スイマセン お城を甘くみてました。 充分大きくて広いです。 
この道は 爺ちゃんには ちょっとキツそうなので、例によって私だけ 走ります。






砲台

ひぇー、さすが 国境のお城、砲台がいくつも しっかりと対岸を向いてました。

写真を撮ったりして あちこちから眺めているうち、爺ちゃんが 追いついたのには
ビックリ ウラだけ眺めてもなあ、ということで 根性 で歩いてきたようです。
でも、今度はその道を また帰らなくてはいけません。(^-^;

時間が心配なので、中の見学はせずに またゆっくりと バスへと戻りました。




フレデリクスボー城

次に訪れたのは フレデリクスボー城
王様の居城でしたが、今は 国立歴史博物館 になっています。

入場券も込みなので 一応中に入りましたが、かなり広いので 早々に引き揚げて
時間まで お土産を見たり まわりを散策したりして過ごしました。



城内の道

欧米を旅行していて、現地のツアーに参加すると とてもゆったりとした 感じがします。
お土産屋などの 余計な所は立ち寄らないし、見学場所も そう数多くはないので
1箇所にいられる時間が 多いように思います。  なので、足に不安のある爺ちゃんも
参加できるのです。 まあ 特にそういうツアーを選んではいますが。




城周辺

見学場所に着いても 「ここから自由」 ということが 多いので、自分のペースで
のんびり歩くことも、急ぎ足でしっかり見学することも 選ぶことができるのも嬉しい。
もともと 団体で動くことが 超ニガテな 父娘なので・・・ ((^┰^))ゞ





フレデリクスボー周辺

というわけで せっかくの歴史ある 装飾品・絵画・宝物 は 見ませんでしたが、
湖に囲まれた 美しいお城を 堪能しました。 湖の向こうは 可愛い家々が並ぶ村。






宮殿

他にも、現在 王室の住居の一つとして使われている 宮殿にも立ち寄りましたが、
名前 忘れちゃった。。。  郊外にあり、外から見ただけなんですが。

ゲートを守る 衛兵さんが “鉛の兵隊” みたいでした。



スポンサーサイト

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

mahoch

Author:mahoch
東京在住、今はお気楽な専業主婦。
海外旅行に目覚めてからは その勢いは誰にも止められない・・・

最新の旅行、過去の旅行取り混ぜて旅の記録を少しずつ更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。