スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナーホテルに泊まる

2008.6月  ドライブ初日 コッツウォルズへ

ドライブ初日、何度か道を間違えながらも 段々と カーナビM山ナビドライバー(私)の
連携プレーが 馴染みはじめ、無事予定をこなして 宿泊地へと 辿り着きました。

今日のホテルは ストゥ・オン・ザ・ウォルド という町の近くにある
フォス・マナー・ホテル です。



マナーホテル

今回、旅の前半 (コッツウォルズと湖水地方) では イギリスの 田舎 の雰囲気を
味わおうと、B&B や ゲストハウスを中心に 予約を入れました。
でも、せっかくだから 一度は泊まってみたい マナーハウス





ホテル中庭

領主や貴族の館・旧家の邸宅を改築した ホテルが マナーハウス ですが、
それほど大げさな 感じはなくて、お値段もリーズナブルです。 大き目のお屋敷?
それでも もちろんこの旅での 最高ランク。(我々としては) 





ホテル正面

広い敷地の中、玄関前まで 車で乗りつけます。 ↑停まってる車は ウチのレンタカー。
このメインハウスの 右後ろには 離れ があり、そこが私たちの部屋です。




ホテル離れ

これが その 離れ。 しまった、爺ちゃんには ちょっとツライ 道のりです。
ネットで予約した時、こんな 離れがあるとは 思わなかったぁ。
でも まあ、気持ちの良い庭なので 歩くのも そう苦ではなさそうです。




ホテル窓辺

ドアを開けて すぐの部屋は 10帖ほどのリビング。 3人一緒の部屋ですが、中は
このリビングを中心に いくつかの部屋に分かれています。 





メインベッド

広い メインベッドルームには キングサイズ のベッド。
 <爺ちゃん、早速持参した本を 読みふけっています。>



サブベッド

そして その部屋の 反対側の隅には めっちゃ小さな サブベッド。
これは さしずめ お付きの者(私) のベッドですか?




     ホテル小部屋

リビングの 向こう側は これまたこじんまりと 可愛らしい ベッドルーム
名付けて「屋根裏の女中部屋」です。  ここ、M山ちゃんの部屋ねー。




バスタブ・小    バスルーム・小

なんだか ステキな バスタブですが、ちょっと爺ちゃんには無理そうですね。
蛇口と シャワーヘッドが お洒落~ 



さて、夕食までは時間があるし、まだ陽もさしています。 
爺ちゃんには 休んでてもらって、せっかくの庭を散策してみましょう。



玄関先から

玄関先から、芝生の庭の向うに コッツウォルズの風景が 少し見えています。




庭テラス

所々に 休める場所があり、「バラとガーデニングショウ」 で見たような 庭が
そのまま そこにありました。 さすが、ガーデニングの本場。てか 広い庭。



バラ

咲いてるバラの 花びらも ゴージャス




ホテル裏

ホテルの裏側に回ると、ここにも ちゃーんと 芝生と花が。




ホテルの庭

そして その向うには コッツウォルズの 田舎の景色が広がっていました。





レストラン入り口

朝・夕の食事は このメインハウスの レストランなので、わざわざ出かけてくるのが
ちょっと大変。 まあ 離れから 1分で来れるんですけどね。
ほんの少し お洒落 もしてみました。(といっても フツウのブラウスとスカートですが)
で、でも カメラを忘れて レストランも 食事も 写真ナシです。 (;´д`)




スモーキング

ツタに覆われた 古い館のホテル。 シティホテルのような 設備は整っていませんが
趣があって イギリスを感じることができます。
爺ちゃんも のんびりと 朝食後の一服。 屋内は完全に 禁煙 なのでした。

スポンサーサイト

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

mahockさん、こんばんは。
ほえぇ。マナーハウス?知りませんでした。
そんなところに泊まれるんですね。
これは、イギリスに限らず、他のヨーロッパの国にもあるのでしょうか。
うわーうらやましい。

かわいい♪

こんばんはー(*^_^*)
マナーハウスって、敷居が高い気がして
泊まったことがなかったのですが、
写真を見るからに、、、かわいらしくて、、、
泊まってみたくなりました♪
B&Bやオーベルジュもいいですよねー(^◇^)

えこたびさん

領主の館、マナーハウスは  主にイギリスにあるようですね。
フランスや ドイツだと 古城ホテルに なるのでしょうか。

でも、私たちが泊まったのは それほど大きくはなく、しかも「離れ」だったので
重厚な家具や サロンルームは ありませんでした。
でも、庭は広くて お屋敷気分は味わえましたよ。

dairuさん

このマナーホテルは 割合小さいし、B&Bよりちょっと 大きめのお屋敷、
といった感じでした。 ここなら そんなに敷居が高くないですよ♪ 

B&Bは 可愛くて それぞれ趣向を凝らしていて 楽しいですよね。
でも 階段が多かったりして 爺ちゃんにはちょっと可哀相でした。

ステキ~!

やっぱマナーハウスいいですねぇ。ワタシ的には「屋根裏の女中部屋」がいいなぁ。こぢんまりとした感じがたまりません。それとキングサイズのベッドよりはサブベッドのほうが落ち着く感じがします(笑)。思いっきり庶民です。

やっぱ季節がいいと風景もすてきですね~。私が行った正月時期は新潟と変わらないじゃーん、っていう暗い天気だったしぃ。庭の花もきれいですもんね。ほんとガーデニングショウみたい(行ったことないけど)。いつかいつか、夏のイギリスに行くぞ~~~!

ウメコさん

屋根裏の女中部屋、またの名を 「ハリーポッターの部屋」とも呼んでましたが、
明るくて 清潔感タップリだったので 暗さに欠けました(*^^*)

そうそう、あんまり広い部屋とか大きなベッドは 落ち着かないですよね。
今回、前半はB&B中心で、ウメコさんのイギリス旅行も参考にさせてもらいました。

夏休み前の6月、旅行に最適ですよ。私もまた良い季節に 今度は
イギリスの南の方にに行ってみたいです。
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

mahoch

Author:mahoch
東京在住、今はお気楽な専業主婦。
海外旅行に目覚めてからは その勢いは誰にも止められない・・・

最新の旅行、過去の旅行取り混ぜて旅の記録を少しずつ更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。