スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイクスピアの町

2008.6月 ストラトフォード・アポン・エイボン

またまた 長ったらしい名前の町です。 でもここは、コッツウォルズ観光では
ほぼ必ず訪れる、シェイクスピアが生まれた 有名な町。


エイボン川2

「エイボン川のほとりの」ストラトフォード、ということで、町の中心を流れるのは
エイボン川。   ここは 有名観光地だけあって 大きな町という印象。
人も 車も多く、町中に入る道路は ちょっと緊張しました。





カフェ

それでも もう夕方に近かったので 川辺の カフェ は ひっそりとしていました。
この カフェの向うに見える 橋の辺りが 一番の中心地のようです。

ホテルにチェックインした後、爺ちゃんを残して 夕暮れまで 町を歩いてみます。
ついでに 夕食情報もゲットしなくちゃ。
メインストリートから ちょっと外れると もう静かな 景色が広がります。




エイボン川係留

ここにも ナローボート がありました。 実はここ、エイボン川での 
「観光用」リバークルーズが 手軽に楽しめるんです。

↑の写真で係留されているのは 個人のもの。 駐車場のような感覚で、
係留場所になっているのです。 付近の看板に、停める際の 注意書きがあり、
ここでは 係留できるのは2日間まで、となっていました。




シェイクスピア生家

なにはともあれ シェイクスピアの生家 です。  
この町は シェイクスピア ゆかりのものに溢れています。 というか それだけで
有名になった、と言っていいのでは?




生家裏庭

建物の 裏手 に回ってみたら 花一杯の庭が広がっていました。




ストラトフォード

この辺りの道路沿いには 同じような形の お店やホテルが並んでいます。
チューダー様式 っていうんでしたっけ?




メインst

白い壁に くっきりと こげ茶色の桟。 どの窓も 花で飾られて います。
でも もう6時過ぎているので お店は閉まって 人通りもなく、
路上駐車の 車ばかりが どんどん増えてきている。。。。

そうだ、もう ホテルに戻らなきゃ。 いつまでも明るいので つい時間を忘れちゃうんです。





ハンプトンロッジ

これが今日の宿 「ハンプトンロッジ」 こじんまりとした B&Bです。

夕食には あそこのレストランがいい、とか あっちのパブも おススメ、とか
いーっぱい 教えてくれたけど、 結局スグ近くの ファーストフード店で
フィッシュ&チップス 買ってきちゃいました。





天蓋もどき

お部屋は、いかにもの B&B仕様 で、ベッドの 頭の部分には
“ナンチャッテ” 天蓋が あしらってあります。

カーテンがちょこっと ついてるんですが、これだけで雰囲気が 出るもんですねえ。




朝食

そしてこちらは 朝食に使う ダイニング。 どこを取っても <可愛らしい>
という印象ですね。 だから やっぱり B&Bって、好き





裏庭

そして 小さな裏庭も やっぱり イギリスを 感じさせるものでした。

スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

明るいわぁ・・・

mahochさんのイギリス写真はどれも青空で明るくてさわやかで・・・。私の正月のロンドン写真は新潟の風景と変わらないじゃん、っていう写真ばっかしだからなぁ・・・(笑) 
B&Bのダイニングいいですね~。かわいらしいし陽の光がさしこんで明るいし。私が泊まった宿のブレックファストルームは地下(半地下だったかな?)なのでライトの明かりなんですよね。もっとも朝7時頃のロンドンはまだ暗かったので窓があってもあまり意味なかったかもですが。
朝食はイングリッシュブレックファストでした?写真撮りました?

ウメコさん

やっぱり 混んでいても 料金高くても ベストシーズンは価値アリですよ。
昼が長くて 観光時間もたくさん取れるし、得した気分。

私も以前イギリス行ったのは11月末だったけど 朝がなかなか明るくならないのには
参りました。 都市の建物とか 展示とか見るのには 支障ないですけどね。

今回はどのホテルも B&Bも 食べきれないイングリッシュブレックファーストでした。
でも そういえば 食べ物の写真って殆ど撮ってないなあ。
テーブルとか 食器とか ビールとかは 結構写ってるんですけど。(笑)

羨ましいです~。
是非行きたいと思っていた「シェイクスピアの故郷」。
熊谷明子さんの写真集を大切に持っています。
最後の写真の赤い花はバラでしょうか?
いいなぁ~。

ベルママさん

この 「シェイクスピアの町」を含めた コッツウォルズ地方は
運河と緑の広がる とても印象的で 心休まる 所でした。

どこの家も 庭に花があって、さりげなくバラが 咲いているんですよね。
最後の写真も 芝生と 壁を伝うバラが ステキな庭を演出していました。

イギリスにも ベルちゃんと一緒に行けるようになると 良いのにね。


10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

mahoch

Author:mahoch
東京在住、今はお気楽な専業主婦。
海外旅行に目覚めてからは その勢いは誰にも止められない・・・

最新の旅行、過去の旅行取り混ぜて旅の記録を少しずつ更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。