スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本家英国の庭

2008.6月 ストラトフォード・アポン・エイボン

シェイクスピア ゆかりの地に来て、もう一つ まだ見ていなかった
アン・ハザウェイの家 (シェイクスピアの奥さんの実家) に 行きます。
少し離れている その場所まで 早朝、車を走らせました。



アンの家

人気の観光地ですが 早朝なので 人影はなく、静かな姿を見せています。
静かな代わりに オープンもしてませんが。。。。 (^。^;)





ガーデン5

中を覗いて見ると さすがに 庭もきれい。 入場すると ここも散策できるようです。
まあ、こうして 見ているだけでも 充分堪能できますね。





ガーデン1

周りを少し歩いてみると、どの家の庭も 芝生や草花で 彩られて います。




ガーデン2

ここは なんか レストランか カフェなのかなー?
花に囲まれて お茶するのなんか、ちょっと オシャレな感じ。
ま、ここも ひっそりと静まり返ってますケド。





ガーデン3

ここは アパートのような、寮のような・・・ 殆ど手入れされていないような(失礼!) 
前庭だけど ちゃーんと イングリッシュガーデン






ガーデン4

これなんかは 雑草 のようにして 生えているだけだったんですが、
花の色がキレイで オシャレに見えるのが不思議。




ポスト

小径の脇に ポツンとあった ポスト も この辺りの空気に ピッタリ。





タニウツギ2

道端の 白い花は 生垣のように 縁取っていました。 ウツギのようだけれど、
フンワリ豪華な 八重の花びらが こんな風に 鈴なり になってるのは
今までに 見たことなかったです。。。




タニウツギアップ

花に詳しい M山ちゃんが タニウツギ だと 教えてくれました。
それにしても ボリュームありますね。




鍵開け

こうして 辺りを散策して戻ってくると、ちょうど出勤してきた お姉さんが
アンの家の を 開けるところでした。 でも、開館まで まだ時間かかりそうだし
爺ちゃんが 心配するといけないので このまま 帰ることにします。




庭

B&B近くの家も、狭いながら 庭や壁に花が溢れていました。
どの家もそれぞれに センスの光る工夫を しているんですねー。   
さすが、ガーデニングの 本場。  タップリ楽しませてもらいました

スポンサーサイト

theme : 海外旅行記
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

mahoch

Author:mahoch
東京在住、今はお気楽な専業主婦。
海外旅行に目覚めてからは その勢いは誰にも止められない・・・

最新の旅行、過去の旅行取り混ぜて旅の記録を少しずつ更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。