スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーターラビットの故郷

2008.6月 ニア・ソーリー村


ヒルトップP

ついに やってまいりました、 ピーター・ラビット のお話しが生まれた地
ヒル・トップ 農場です。





バスストップ

ビアトリクス・ポター は この ヒルトップに住み、 ピーター・ラビット と
その 仲間達の お話を書き続けました。

農場は 現在も使用しているため 中の見学はできませんが、
ポターが 住んでいた ヒルトップ・ハウス や 庭は見学できます。




ポターの家

  こちらが ポターの住んだ家、ヒルトップ・ハウス
買ったチケットには 入場できる時間が 書いてあり、大体15分間隔くらいで
数人ずつ 中に入って 見学するのです。





ポター庭散策

待っている間、みな 思い思いに 庭の散策を 楽しんでいます。
広い庭は 季節の花で 彩られ、待っている時間は あっという間に過ぎます。





ポター家の前

入り口から 家へと続く この小道は、絵本の挿絵で 見たような景色です。





ポタートイレ

こんなに 花に囲まれた その奥にあるのは トイレなんです。




ポター窓バラ

家の窓を飾る つるバラは いかにもの イギリスの田舎家の姿。

中の写真は 撮ることができませんでしたが、ポターが 生前使っていたままに
家具や 書き物机、ベッドなど 保存されています。
ポターが集めた物の中には、日本の食器や 飾り物もありました。




ポターの家バラ

この家、段差や狭い階段 があって 大変なので 爺ちゃんは1階の居間で 座って
待っていました。 私達が見学している間、係員のおばさまが この家の写真本を
見せながら 「この写真がアノ家具」 「2階にはこんなものが」 と説明してくれたそうです。 

「イヤ、英語だからよく判らないけど 多分そう言ってた。」 とは爺ちゃんの話。
そんな爺ちゃん、「I see」 と相槌を打ち、帰る時には「サンキュー」と 家を後にしました。




ヒルトップ看板

この辺り一帯も ポターが購入したもの。 湖水地方の 景観保護 のため、
14の農場を 死後、ナショナルトラスト に寄贈したのだそうです。





ポター本人

こちらは 「ビアトリクス・ポターの世界」 で 展示されている ミス・ポター
ヒル・トップから 湖を渡った向こう側、ボウネスの町にある展示館です。




ポターの世界全員

ここでは 物語のシーンが再現されていたり ポターの生涯が紹介されたり していて、
ティールームや お土産品も あります。
スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

mahoch

Author:mahoch
東京在住、今はお気楽な専業主婦。
海外旅行に目覚めてからは その勢いは誰にも止められない・・・

最新の旅行、過去の旅行取り混ぜて旅の記録を少しずつ更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。