スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズ観光の街

2008.6月 リヴァプール


ビートルズストーリー

さてさて、リヴァプールといえば ビートルズ
ファンの人も そうでもない人でも 大勢の観光客が 訪れる 「ビートルズストーリー」は
街の中心部からは 少し離れている アルバートドック にあります。


今回は 爺ちゃんと一緒なので あまり動き回って見ることはできず、
以前に来たからいいか、と思って入りませんでしたが 展示内容も大分変わって
充実していたらしいです。日本語のオーディオガイドもあるそうな。





ドック

ここは その名の通り、波止場(ドック)なのですが、今は貨物船の姿はありません。

13年前にも訪れたことがあるのですが、こんなに開けた感じではなく、
ちょっと寂れた所を これから再開発する、といった風で 唯一
「ビートルズストーリー」 と、他に彼らの名前をつけた カフェ(パブ?)らしきものが
あるだけでした。 夜は真っ暗になってしまうような場所だったのです。




アルバートドック縦

こんな風景もなかったなぁ。 あの像は ジョンかポール のつもりなのかな?
遠くから見ると エルヴィス・プレスリー に見えるんですけど。




マシューSt

アルバートドック と ライムストリート駅 の中間にある マシューストリート

ここも 以前に来た時よりも スッキリ きれいになってるような 気がする。
道幅が広くなったようだし、ごちゃごちゃと 並んでいた小さな店は まとまって
大き目のショップや レストランになっていました。





ビートルズショップ

あ、それでも 前に来た時にもあった 「ビートルズショップ」 を発見。
地下への階段を下りていくと、薄暗い店内には レコード、CD、ポスター、
小さな雑貨など 所狭しと並んでいます。

この周りにも 似たようなお店があったんだけどなぁ。 ビートルズ関連の
グッズを売る雑貨屋が 減ってしまったのか、意外と少なかったです。






キャバーン

そして、彼等がデビュー前に 演奏していた 伝説の キャバーンクラブ

実は 今はもう昔のクラブはありませんが、場所を移して 再建されたり、
同じような名前を付けた 似たようなパブが いくつかあります。
↑ の キャバーンパブ では ビートルズの曲を 生演奏するらしい。





キャバーンクラブ

で、我々は 昨日の夜、こっちの 「ザ・キャバーン」 に 行ってみました。

階段を下りて 穴倉のような地下へ。 暗くて中は撮れませんでしたが、
一応 往年のキャバーンクラブの雰囲気に 似せて作ってあります。

ステージでは シロウトっぽいお兄さんが ビートルズの曲を熱唱。
ちょっと ジョンの声を真似しているらしい、という努力は認めますが。。。。

ビジーフォー の方が 上手いかも、とか 勝手なことを言いながら
それでも 当時を偲んで(?) リヴァプールの夜を 楽しんだのでした。





街角にジョン

夜は若者が多く歩いていたりして それなりに賑やかでしたが、
昼間の マシューストリートは ちょっと色あせ気味。

「レノンズ・バー」 の前には ジョンの像があったりして いかにも観光地っぽく、
ビートルズが誕生した頃の どこか不健康で それでいてエネルギッシュな
なんつーか “ロックな空気” は もはや感じられませんでした。




スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

mahoch

Author:mahoch
東京在住、今はお気楽な専業主婦。
海外旅行に目覚めてからは その勢いは誰にも止められない・・・

最新の旅行、過去の旅行取り混ぜて旅の記録を少しずつ更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。