スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズの足跡

2008.6月 リヴァプール

ビートルズ

今日は、せっかくなので ビートルズゆかりの地を 訪ねることにします。
昨日、H子さんと 一緒に 「マジカルミステリーツアー」 に参加する予定
だったのですが、 アノ事件 で間に合わず、しかも列車時間の関係で 
H子さんは 今朝、早々にロンドンへ 戻ってしまいました。




観光タクシー

で、もう1度バスツアーに乗るほどの時間はないし、爺ちゃんもお疲れなので
タクシーの観光を 見つけてきました。 その名も  「ファブ・フォー・ツアー」 

FABとは 伝説的な、とか 素晴しい、という意味。 という事で、物スゴイ4人組、
つまり ビートルズの事を指す 呼び方です。
の写真は ペニーレイン通り に停めた ツアータクシー。





ペニーレイン

彼らに歌われた ペニーレインは、昔より大きく広い通りになりましたが、
それでも 「床屋」とか 「銀行」は 残っています。(実物そのものではありませんが)

タクシーのドライバーは 若いお兄さんでしたが、自分は子供の頃のこの辺を
良く知ってる、とか アノ曲のコレが… とか 逸話となってる アノ場所は… とか
かなりマニアックに 熱心に語ってくれました。 つか、早口で喋りっぱなし。




看板

お決まりの記念写真。 こういう写真、あまり好きではありませんが お兄さんに
「ここは撮っとけ」 と勧められて この後もアチコチで 撮ってもらいました。

この看板、前は簡単なプレートだったのですが、何度もはずして持ち去られるので
大きくして ガッチリと据え付けられたのだそうです。

そうだよなー、以前来た時には もっと狭い 何もない通りのレンガ壁に 小さなプレートが
嵌めこまれているだけだったもの。 ここもずい分変わったという印象でした。




ストロベリーフィールド

これも はずせない ストロベリーフィールド。 この孤児院は
今は閉鎖されて、門扉から見える 庭の木立は鬱蒼として ちょっと荒れた感じがしました。



ミミ伯母さんの家

それから、ジョンが住んでいた 「ミミ伯母さんの家」
玄関ポーチの上、少し丸い出窓が ジョンの部屋だったらしいです。

この他、ポールの家、リンゴ、ジョージの子供時代の家など…。
まあこのあたりは バスツアーで回る 定番です。 バスでは この他
関係者のお墓とか、彼等が通った学校、教会など車窓から見るのです。(多分)

13年前にツアーに参加した時は そんなコースで、バスの中で説明する人が
当時 ビートルズ・ファンクラブ向け雑誌の 編集長だったので、とても面白かったのです。
そして、BGMには 常にビートルズの曲が流れ、時にはバスの中で大合唱したり。

でも 昨日参加したH子さんの話では そういう盛り上がりではなかったようです。
BGMも、ずっとではなくて 見学地に着く前に ペニーレインとか ストロベリー・・・ を
ちょろっと流す程度だったとか。 やっぱり ビートルズも 遠い昔のことなのかな。。。




教会内部

いかん、いかん。 ビートルズのこと書き出すと 際限無く 話しが長くなってしまいます。

さて、ここは 特別な教会ですが、タクシーツアーでのみ、中に入れてもらえます。
今は 調度なにかの 集まりがあるため、準備中で教会らしくありませんが。




メモリアル

教会の入り口には こんなプレートが あり、こう記されています。
「1957年 7月6日、ジョンとポールは このホールで初めて出会った。」

そうです、ビートルズファンなら 誰でも知ってる、“教会のフェスティバルで 
ジョンとポールが出会い、後にジョンが 「ここから始まった」と言っている” その
セント・ピーターズ教会です。




当時のチラシ

教会の壁には、そのフェスティバルの チラシや スナップ写真、当時の教会区での
記事、それに 他に活躍していたグループの 写真など 貼ってありました。

ここで出迎えてくれた 解説おじさん、当時の様子を語ってくれます。
「フェスティバルの その時、自分もここに いたんだヨ。」
壁に貼られた スナップ写真を見せて 「この時も自分は立ち会ってるんだゼ。」
と、自慢げに 話してくれました。

この教会の、まさにこの場所で ジョンとポールが・・・ というおじさんの話しに、
思わず 不覚にも涙が。。。。




ご自慢おじさん

おじさん、満足げに 「うんうん、いいんだよ、みんな同じだ」 なんてことを
言ってたけど、違うんだってば  もちろん、感銘は受けたけど、感極まって、とかじゃなくて
若い情熱と 才能に溢れた そのロック少年が わずか40歳で逝ってしまった と思ったら
とっても悲しくなっちゃって。。。。   「FAB4」も 2人になっちゃったしねえ。


今度は是非、他の仲間も誘って じっくりと またこの街を 歩きたいものです。
次回こそ みんな(だけ)と一緒に 青春時代の思い出に どっぷり浸ってみたい!!


スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

mahoch

Author:mahoch
東京在住、今はお気楽な専業主婦。
海外旅行に目覚めてからは その勢いは誰にも止められない・・・

最新の旅行、過去の旅行取り混ぜて旅の記録を少しずつ更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。