スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の夜の楽しみは

2008.6月 インヴァネス


インヴァネス

えー、なんだかずい分と 間があいちゃいまして、長い長い 旅のお話しになってしまいました。

今日は旅の日程 真ん中、ちょうど折り返しの辺りで インヴァネス に泊まります。
街の中を流れるのは ネス川。 川の向うの建物と その裏側周辺、
そして橋を渡って ↑の写真の右側に続く 駅周辺までが 中心部の、小さな街です。





インヴァネス城川

最初の写真の 対岸(駅側)には インヴァネス城
そして我々の泊まるホテルは、このお城のふもと、ずずぅーっと 右側の 川沿いにあります。






ホテル

この辺りは メインストリートからは ちょっと外れているけれど オシャレな外観の
レストランや B&B、パブなども 並んでいます。






ホテル外

旅の前半は 趣のある B&Bを選んで泊まりましたが、 スコットランドに入ってからは
やっぱり 設備重視 で、中級程度のホテルにしてみました。






ホテルの部屋

私のホテル選びの基準は、いつもだと ロケーションと料金の折り合うところ
なのですが、今回は 前半は イギリスを感じられる B&B、後半は
爺ちゃんの 体を考えて、 エレベーター等があって 部屋も広め、を検索しました。





     バスルーム

      でもさあ、バスルームが やたら広くて おまけにカーペット敷き、って
      なんかちょっと 落ち着かないんですけど。。。。






パブ

そして ここ↑は ホテルに併設の パブ。 ホテルの中からだけではなく、
外からも直接入れるのです。 夜、爺ちゃんが部屋で休んでいる間、
H子さんと ちょっと行ってみました。 夜、地元の安全そうなパブって、
是非是非行ってみたいところ。 その点イギリスは 気軽に行けるのが嬉しいです。





ホテル地下のバー

中級程度のホテルなら どこも大抵 バーラウンジ(パブ)がありますし。
↑の写真は マンチェスターのホテルで、地下に簡単なバーがありました。





オネストバー

こちらは エジンバラのホテル。 ロビーのような、バーラウンジのような 部屋があって、
そこに ホームバー程度のカウンターがあるのです。 B&Bに近いホテルで、
この部屋にスタッフはいないので ゲストは自分で 棚から飲み物を取って寛ぎます。
カウンターに置かれたノートに 自分で書き込む 「自己申告」 制で、
その名も オネスト(正直・誠実)バー。




ラウンジ

そして こんな暖炉の前でゆっくりと 楽しむ。。。 
なんか、別荘で寛ぐセレブ の気分・・・?

                           

このインヴァネスでの パブは、今回の旅の中で 一番良かったかも。
さすがに写真は撮れなかったので 画像がなくて残念ですが、
地元の人が集まり、オジサンのバンドが  ジャズを演奏し、
ローカルな雰囲気が とても印象深かったです。 (スコットランドの音楽ではなかったケド)

スポンサーサイト

theme : ヨーロッパ旅行記
genre : 旅行

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

mahoch

Author:mahoch
東京在住、今はお気楽な専業主婦。
海外旅行に目覚めてからは その勢いは誰にも止められない・・・

最新の旅行、過去の旅行取り混ぜて旅の記録を少しずつ更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。